かいこ 飼育日誌 2005 5.31〜
2005 5.19
晴れ
22℃
一昨年飼育に失敗し卵が孵らず、今年も期待したのですが、やはり帰りませんでした。
仕方なく 上田蚕種KKさんにお願いして、黄色種を
分けて頂きました。希望は小石丸を飼育したかったのですが、素人には難しいとのことで、今年も黄色黄金繭です。品種が違うのでどんな色に成るか
大いに楽しみです。

 鐘光×黄玉 の交配種を2500円で分けて頂きました。送料代引き手数料別
2005 5.31
晴れ
22℃
予定通り上田蚕種さんの誕生予告日に無事誕生、生まれてすぐは真っ黒で、卵の殻
が白く成りました。

まだ3mmほどです。
20℃以下になると死んでしまいます。
夜は保温が必要です。
2005
6.02

23℃
2日で約倍の大きさになる5mm
よく見るとすでに形が整ってきた。
保湿と保温が大変です。 お菓子のブリキケースに入れ、小さな受け皿に水を入れ、乾燥しないように、湿度を多めにします。
2005
603
26℃
ほとんど変化はありません。かなり食欲が
落ちて来ました。すでに 1眠の準備だと思われます。 生まれた当初よりかはすでに5倍ほどの大きさです。
2005
606
晴れ
27℃
やはり1眠だったようで、4日5日はあまり食欲もなく、新芽を与えても、あまり食べませんでした。
2005
607
曇り&晴れ
27℃
猛然と、食欲がわいてきて、一目で大きく成ったと、実感させられます。

色も幾分真っ白でなく、黄色をおびてきた
気がします。

糞が、何かの化粧品に使われていると聞きました。本当でしょうか?
鶯の糞は聞いた事があるのですが・・・・
2005
609
晴れ
26℃
今日は大変珍しい物を見つけました。
3眠位になると、脱皮の皮は見つけやすいのですが、1眠の脱皮の皮は、初めて見ました。矢印です。左右にもあります。

上の蚕は今脱皮中で、上半分が出ている
状態です。

さすがに食欲旺盛で、桑の葉を、3回与えています。 下は定規 もちろんcmです。
2005
6 10
晴れ
28℃
すごい、食欲で、一目で大きく成ったと、実感させられます。

色はほぼ白色です。眠が近くなると黄色をおびてくるのでしょうか?

普通の、蚕のような気がします。
少し飼い過ぎかな・・・・
後3週間、桑の葉が確保出来るか少し
心配に成って来ました。

分けて欲しい方があればお申し付け下さい。 メール便で送ります。
2005
6 12
晴れ
28℃
すでに眠に入っているのは確実です。
食欲が通常の3分の一程です。

今日一部が、神奈川の幼稚園にもらわれて行きました。無事黄金の黄色繭に成る事を願っています。その時資料を読み返してみたのですが、時期的にはすでに2眠が済み、今が3眠中なのかも知れません? 大きさ的には2cm〜3cm未満でまだ
2令だと思うのですが・・・・
すでにふかして12日が過ぎ約 1/3が過ぎ、ずいぶんと大きく成りました。


まだ少しならお分けできます。欲しい方はメールで、お知らせ下さい。
2005
6 13
晴れ
28℃
やはり眠でした。
朝、桑を与えた時はあまり動かない程度で、桑を食べない訳ではありませんが、
通常の3分の一程でした。

夕方、桑を交換しようとしたら、抜け殻だらけ・・・・、何眠なのかわかりませんが、多分まだ 2眠が終わった、3令だと思います 大きさ的には2cm〜3cmです。
2005
6 16
晴れ
28℃
眠明けすごい食欲で、毎日3回首を長くして(上を向いて待っていますが・・・・。)
今日のお昼過ぎからは、桑を食べなではきなりました。2眠までは、食べている繭と
食べない繭がいたのですが、今はまったく
食べていません。
 大きさ的には5cm程度です。
2005
6 18
晴れ
29℃
3眠が過ぎ4令に成ったと思います。また一回り大きく成りました。
すごい食欲で、日に4回桑の葉を与えています。

3眠、と4眠が良く分りませんでした。
すでに大きさ的にはタバコ位の太さで、4〜5cmです。

最近のお蚕は3眠3回だけ脱皮して、繭を作る品種もあります。小さな繭で、細い糸しか取れませんが、最高にしなやかな、糸が取れるそうです。多分この位の大きさだと思います。 国産の繭の生き残る差別化の、一種ですね。
2005
6 21
晴れ
29℃
本当に良く食べます。そろそろ家の桑だけでは、足りなくなって来ました。明日は久しぶりの、今月初めての全休なんですが・・・
桑の葉を取りに、公園へ出かけようと思っています。

最近(6月過ぎの)公園の桑の葉は、消毒防虫剤を散布した物もあるので、一度全て、水洗いをしてから、乾かして、与えて下さいね。 以前、そのまま与え、全滅させてしまった事があります。

5〜6cm前後
2005
6 24
晴れ
31℃
昨日はあまり食べませんでしたが、今日はまたすごく食欲旺盛です。
5/31生まれなので、24日目です。まだぜんぜん糸吐きの気配もありません。

体もきれいな白色で、本当に黄金色の繭が出来るのか半信半疑です。・・・・
以前はもっと かいこ自体も茶系の色が付いていた様な気がしますが、これから徐々に色が付いて、糸吐きを始めるのだと思います。後4〜5日どんな色の繭が出来るのか、本当に楽しみです。

6〜7cm前後
2005
6 26
晴れ
31℃
ついに糸吐きが始まりました。まだ1頭だけですが、黄色い黄金色の糸を吐いています。
2005
6 28
晴れ
34℃
今日は全国的に猛暑で6月としては、新記録の暑さだそうです。
まゆのの形がきれいにそろう様に3.5cm×4.5cmの箱区切り枠を用意ます。

食欲が無くなり、6〜7cmあった、体長が5cm程度に縮まり、上を向いて、首を振り出した、かいこから、枠の中へ移動させます。
上手に繭を作り始めました。
2005
6 30
晴れ
33℃
ほとんどのかいこが、桑を食べなくなり、
形成枠に移しました。かいこは上へ上へ登る修正があるので、上の階から、部屋うまって行きます。

下へは降りられないので、手でつまんで
下へおろします。
繭を作り初めて、約2日でほとんど形が整います。

完全に中が見えなく成るまでには、3日程かかります。
2005
705
晴れ
33℃
今年も見事出来上がりました。
白繭が一部混じりました。何故か不明です
2005
711

晴れ
33℃
はや一番手が蛾になりました。
早いものは26日から繭作りを始めていましたので、約2週間です。
なるべくきれいな繭を孵らせ卵をとります。

下がオス、上がメスです。
2005
714


晴れ
34℃
ガになって生まれても、飛んでいく事は
ありません、一応羽はあるのですが、
生まれてから少し動きまわって、交尾の相手を見つけるだけで、「えさでもあげたら」と皆が心配しますが、何も食べません。
2005
716


晴れ
33℃
生まれたばかりの卵は黄金色で本当にきれいです。一匹のガの産卵数は500粒〜600粒と文献に書いてありましたが、この品種は、100〜200前後だと思います。
2005
720


晴れ
33℃
ちょっと汚い画像ですが、生まれて交尾をして5日〜6日で、死んでしまします。

オスはばたばたと羽を動かして元気です。
羽が小さく、少しスリムなのがメスです。



今年もこれで日誌は終わりですが、沢山
卵が孵れいましたので、夏休みに飼って
見たい方ご連絡ください。
卵無料で差し上げます。